福嶋産業は、山口県下関市にて建築資材 建材の販売・相談 | 仮設・塩ビ資材 鉄骨・セメント 鉄鋼・二次 工具 塗料・荒物など金物のことならなんでもご相談ください。

コンクリート基礎知識カテゴリーページ

コンクリート基礎知識

コンクリート舗装してからカーポートを設置するのと、カーポートを設置してからコンクリート舗装するのとどちらがいいか?

基本的には、カーポートを先に設置する方がよいでしょう。 先にカーポートを立てておくと、ハツリ工事などの余計な工事が発生しません。 コンクリートを先に舗装してしまうと、工事によってカーポートの柱周りのコンクリートの色味が違って来るので、工事の […]

さいころブロック(コンクリートブロック)の耐荷重量について

よく見かけるコンクリートブロックですが、これには「〇キロ以上の重さには耐えられませんよ」という荷重制限があります。 これはコンクリートブロック1つあたりの耐荷重量ですので、並べて使用したりすれば耐荷重量は変わります。

コンクリートサイコロ

コンクリートサイコロは、正方形の石です。ピンコロと呼ばれることもありますが、正式名称はスペンサーと言います。 コンクリートのひび割れ防止としても使用でき、見た目がおしゃれなのが特徴です。 アプローチや駐車場に使われることが多く、低めに使用す […]

コンクリートで駐車場を舗装する場合の平米単価

アスファルトよりも人気のあるコンクリート駐車場。 舗装費用は工賃と材料費を合わせたものになります。広さにもよりますがだいたい6000円〜10000円/㎡となります。広ければ、広いほど安くなってくるわけです。 その他にも、残土処理費用や諸経費 […]

コンクリート養生の重要性

コンクリート養生とは、コンクリートに十分な水分を与えてしっかり練ることで硬化力をもたせたり、コンクリートが固まるまでに衝撃や雨風などの外刺激から守ることです。養生には、普通養生・蒸気養生・オートクレープ養生があります。 普通養生:よく使われ […]

コンクリートのひび割れ対策

コンクリートは固まる際に水分が蒸発し、収縮するためひび割れが生じます。そのため、目地やコンクリートサイコロなどでのひび割れ対策が必要になります。 目地などで部分的にひび割れを誘発し、そこにシーリング材を充填することで防水加工を行ったりします […]

建築金物,金具,工具のことならまずはご相談を!

建築金物,金具,工具でお困りならまずはお電話でご相談下さい。どんな部品が良いのか?どんな使い方をしたら良いのか?親切丁寧にしっかりとお答えします!

福嶋産業㈱は、下関市内から建築金物情報を発信します。

083-256-3601
平日 7:00~18:30

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

福嶋産業株式会社

電話番号 083-256-3601
FAX番号 083-256-7516
メールアドレス kanamonobu@s-fukushima.co.jp
住所 751-0806 山口県下関市一の宮町2-5-8
営業時間 平日 7:00~18:30

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • 養生用マスカー 広い幅 在庫有ります!!養生用マスカー 広い幅 在庫有ります!! 養生用マスカーの幅の広いタイプ 在庫有ります!! 養生用マスカーは、養生用ビニールの端にテープが付いているものです。 在庫している幅は、 550、1100、1800、2600(全てミリ単位)です。 2600幅(2m60㎝)まで置いている店は、あ […]
  • 針金の線径早見表針金の線径早見表 針金等の線径(線の太さ)早見表 番手(#)について 針金や、ナマシ番線、加工番線、コンクリート釘は、 その線の太さを表すのに、「番手(#)」を用います。 番手(#)は、その数字が大きいほど、その太さは細くなります。 針金等の線径(線の太さ)早見表 […]
  • ブルーシートの活用術(仕事編)ブルーシートの活用術(仕事編) プライベートでも大活躍のブルーシートは、作業現場でも様々な使い方が可能です。   作業現場の周囲に安全対策として覆うこともできますし、資材や機材の保護や雨除けに使ったり、トラックの荷台にかぶせて運搬物を防汚したり、水漏れなど緊急時には屋根替わりに使用することも可能 […]
  • 【11/12現在】鉄筋・セメント商品リスト【11/12現在】鉄筋・セメント商品リスト         左官定規 ワイヤーメッシュ 5.5×150 ワイヤーメッシュ 3.2×100 鉄筋 D10*4000 鉄筋 D13*4000 […]
  • 土嚢袋の耐久年数土嚢袋の耐久年数 土嚢袋にも耐久年数があることをご存知ですか? 安価で手にはいる一般的な土嚢は、紫外線に当たった状態であれば1週間程度が限界です。 最近では、長くもつ土嚢、UV土嚢も発売されています。紫外線に強く、半年や1年などがありますが最長では3年となっています。 […]
PAGE TOP